青い海

ロッドアクションを楽しめる

停泊している船

明石と言うとタコなどが有名ですが、明石は真鯛釣りのメッカでもあり、最近は鯛ラバを使ったジギング船が多くなっています。 明石ジギング鯛ラバは、真鯛を狙う船、そして鯛ラバと呼ぶ特殊なルアーを使って狙う方法です。 一般的に真鯛を狙う時には餌釣りが基本になりますが、明石ジギング鯛ラバは釣り餌を使うのではなく、鯛ラバと呼ぶ魚を誘うための道具を使います。 明石ジギング鯛ラバは、最初にルアーを海底まで沈めてから、ロッドとも呼ぶ釣り竿で海底に沈んだ鯛ラバを小魚が泳いでいるように動かしなら、リールを巻きあげて真鯛を誘います。 尚、真鯛がいるポイントは船頭さんが魚群探知機を使って場所を移動しながら釣りをするので釣果を期待する事が出来ます。

明石ジギング鯛ラバを楽しみたい時は、ロッドやスピニングリール、鯛ラバなどの小道具が必要になりますが、明石ジギング鯛ラバを楽しむ事が出来る船宿の多くがロットおよびスピニングリールのレンタルを用意しています。 さらに、ネクタイとも呼ぶヒラヒラが付いている鯛ラバも船宿が用意してくれるので、初めての人でも気軽に明石ジギング鯛ラバを楽しむ事が出来ます。 さらに、初心者などには船頭さんが釣り方などのアドバイスを行ってくれます。 鯛ラバを使ったジギングは、ロッドを動かして小魚のように見立てて誘う釣りになるため、ロッドの動かし方で釣果も変わります。 船頭さんがロッドをどのように動かせば良いのか、リールを巻く取る時のスピードはどのくらいが良いのか、ヒットした時の合わせ方など、丁寧に指導をしてくれるので初心者でも明石ジギング鯛ラバを楽しめます。

港につけている船

大物釣りを楽しめる海上釣堀

海釣りというと本格的な道具が必要で大変というイメージが強いですが、海上釣堀であれば手軽に大物釣りを楽しめて持ち帰ることが可能です。そんな海上釣堀とはどのような施設なのでしょうか。

釣り竿

海釣り施設の利用方法

海釣りを楽しむためには道具を買い揃える必要がありますが、海釣り施設には道具のレンタル、仕掛けや餌の販売などもあるので、手ぶらでファミリーフィッシングを楽しむ事も可能です。

釣り竿を持っている手元

ソルトルアーは初心者もOK

現在の釣りジャンルの中でも非常に高い人気を誇るソルトウォータールアー。一見敷居が高い様に見えて実際は誰でも簡単に楽しめ、また大物も狙い易くなります。それでは初心者の楽しみ方について見てみましょう。

船をこいでいる人物

記事一覧

「初めてでも安心してできる!ジギング船で鯛ラバに挑戦!」の記事一覧です。