海釣り施設の利用方法|初めてでも安心してできる!ジギング船で鯛ラバに挑戦!

海釣り施設の利用方法

釣り竿

海釣り施設は管理施設でもあり、入場料が必要になります。 しかし、釣り場にはフェンスが付いている、トイレが完備されているなど、お子さん連れのファミリーフィッシングや女性が含まれている場合でも安心して楽しむ事が出来る環境を持ちます。 長時間の釣りの中でトイレに行きたくなるのは自然の摂理、男性などの場合は人目を避けて用を足す事が出来たとしても女性は男性のようには行きません。 管理施設の良い所は、色々な設備が整っている点であり、売店などでは簡単に食べる事が出来る軽食類を初め、仕掛けや餌などの販売が行われている点です。 さらに、管理施設の中には竿とリールがセットになっているレンタル品を用意している所もあるので、手ぶらでファミリーフィッシングを楽しむ事も出来ます。

マイカーを利用して海釣り施設でのファミリーフィッシングを楽しみたい時、駐車場代、入場料、釣り餌などの費用が必要になります。 入場料などの場合は、回数券を購入すれば1回当たりの入場料が割引になるので、定期的に海釣り施設でファミリーフィッシングを楽しみたい場合には回数券の利用がお得です。 ちなみに、入場料は小学生まで、中学生まで、大人の3つに分けられており、釣り料金と見学料金の2種類があるのが特徴です。 見学料金では釣りをする事が出来ませんが、赤ちゃんなどの面倒を見なければならないお母さんなどが見学料金を支払えば、家族がいる場所で子供達の姿を見る事も出来るのです。 尚、施設内には休憩所もあるので、夏時期などの日よけにも最適です。